2月29日(日)
今日、テレビでクィーンのフレディを取り上げていた番組を偶然見た。最初から見ていたのではないので、詳細は分らないが、エイズが発症してから1991年に亡くなるまでの間、彼は精力的に歌を作りライブを行い、全力で生きた。その姿をみて、感動し、ファンになってしまった。直ぐにネットでCDを注文。何て素適!と言っても彼は多分ゲイだよね。それでも格好良いよ、最後の生き方も歌も。
CD届くのが、楽しみヾ(@⌒ー⌒@)ノ

人間は死ぬ為に生きている。ダラダラ生きても一生、一生懸命生きても一生。だけど人の過去世を見ていると、一生懸命生きてる人はもう二度と今の課題は来ないらしい。何度も同じ課題をやってる人は、人生を諦めている人。ダラダラ時の経つのを待ってる人。そんな人は同じ課題を何度も何度も繰り返している。そんな人生を見たからなのか、フレディの最後の見事な生き方は潔い。最後に完全燃焼したんだね。その凝縮した生き方を見て、自分を振り返り反省してしまった。もっと時間を大切にしなくては。巻いたネジはいつ終るか分らないから。

2月28日(土)
数日前より今日のクライアントの事を意識していて、毎年プレゼントを送っている友人の誕生日の事をスッカリ忘れてしまっていた。(;;^◇^;;)私と同級生だが、5月生まれの私がもう次の年齢になろうとしている頃、誕生日を迎える友人を、毎年羨ましく感じるのは仕方ないかな?

今日のクライアントの相談内容は、人の命が関わる事。命を助ける事も、取り去る事も、私には伝える言葉は無い。産む事で起こるだろうそれからの苦難と、命を取り去る事の苦悩を秤にかける事は、誰にもできる事では無い。何があろうと命を優先すると、余人は言えるが、当事者の状況を知れば、無責任な事は言える訳も無く、その相談を受ける事になり、かなりの重圧を感じていた。それでスコットをセッションルームに連れて行く事に。

この方は3年程前まで、ある場所で算命学の鑑定をしていた頃のクライアント。そこを辞める時に特に連絡をしてなかった為に、今回はかなり私を探し回られたとか。
私に対する信頼感をかなり持っていらっしゃるので、その分気持ちが入るが、この事に関しては、算命学で鑑定する範囲では無い。
算命学とは元々は軍略である。国と国との戦いの軍略。この事に関して説明していくと長くなりすぎるので書けないが、人と人との駆け引き、相性、エネルギー、体力、知力、病気、魂、因縁などのあらゆる事をこの学問で知る事ができる。
しかし私としては、この病気になり易いと言う事は予防の為に伝えるが、人の寿命を伝えたり、この人間を産むなとは言えない。兎に角人の命を左右する言動はできないと思っていたので、予約が入ってから本当に気が重く困っていた。

私としては、本人のハイヤーセルフに答えてもらう事が一番だと思っていた。しかし全くこの世界を知らない方。果たして催眠状態に入るのかが不安だった。自ら催眠を受けたくて連絡してくれる人は良いが、全くその事に準備が無く知識も無い人間が、潜在意識を開くのだろうか・・と思っていたが、信頼感の方が勝ったらしい。
無事入った。そしてその子が自ら出てきて「生まれたい!」と言った。キツ〜イ一言。クライアントはその途端、涙が溢れた。そしてハイヤーセルフがその子と母親、その子の父との、過去・未来の三者の事を詳しく伝えてくれた。結局はその人生を選択していくのは自分。沢山の選択肢があり、正解は無い。どれも正解。ただその時その時を逃げずに進む。苦難を逃げてはいけない。逃げたら次も又やってくるってサ( ̄∇ ̄*)ゞ


2月27日(金)
今日はすいな(漢字が分りませんが)を習っている友人の練習台になりました。すいなとは整体やマッサージのテクニックのようなものですが、もしかしたら、昨日受けた整体がパーになったのかも。( ̄∇ ̄*)ゞま、3月2日に予約入れてるから、パーになってもいいかぁ。練習台も必要だしね。

今朝ジョウロにいけてる梅の花がだいぶ開きました。(^○^)

  
  今朝撮影。      かなり花が咲きました。


2月26日(木)
吉祥寺10時の予約だったので、朝は忙しかった。早く出たので9時半には吉祥寺の駅についていた。それから印刷してきたプリントを見ながら整体の治療院へ向かった。ある人がそこで素晴らしい結果を得たというので、私も一度受けてみようと思い立ったのだ。
駅から結構歩いたが、かなり早く着いたらしく、まだ準備をしている最中だった。先生は富士吉田から通われているそうで、10時の予約を普通は入れないらしい。多分私の紹介者の事があり、無理してその時間を作ってくれたのだろう。

で、先生が準備している間に問診表へ色々と書き込んだが、全部済まない内に治療は始まった。最初はキネシオロジーと思われるテクニックを使って、私の身体に現在の状態を細かく訊いて行く。細かく説明をされながら身体のアチコチを圧したりして、私の反応でモット細かく診て行ってる様だ。アチコチのポイントに気を入れていくと、ずれていた体の歪みが整っていく。整体と言っても身体をポキポキしたりは全くしないで、ポイントに気を入れていくだけで歪みが取れるのは凄いと思った。
で、霊気の偉大なる可能性を知った

 井の頭公園の梅
 大好きなキンクロハジロ(鴨)が居た!
この鳥は頭が特徴あり。明石家さんまが大好きなポニーテールをしてるような頭。一度見たら忘れられない。そしてこの鴨は潜る。生憎都内で潜ったのは見た事無いが、岩手ではよく潜って餌を取ってた。

2月25日(水)
今日のヒプノセラピーのセッションでは、ハイヤーセルフに沢山の質問をし、沢山の情報をもらった。
彼女が私の事に興味を持ってくれていて、色々と質問しても良いとの事だったからだが、長いセッションとなった。
先ず、私はMさんが言われた様に既に開いていると言う事。しかし人間として生きてきた概念が強く、こうなんだと思い込んでいるために、見ようとしてない。ただ古い過去の幻影が頭の中で邪魔している事は確かとか。その為に明日予約している整体はそれを取り除く役に立つだろうとの事。
アトランティス沈没の事、ハワイの女神ペレの事、日本は特別の国だと言う事、アメリカやイギリスの問題の事、彼女との関わり、眠ってる時に宇宙会議に参加していると言う事、養父との関係、人の自由を奪う事、愛についてなどなど・・。いずれ彼女がテープ起しをして送ってくれる事になっているので、体験記に載せようかと思い始めている。全てを載せても良いのか・・と、まだ迷いがあり、確定した訳じゃないが・・。

庭のジョウロにいけた梅の花が少し開きかけている。切られたままそばに置かれてる枝のツボミは、いずれ枯れてしまうだろうなぁ。
庭の枝を我が家の庭に植える事が出来たらよいが、どうやったらそれがつくのか、皆目見当もつかない。

2月24日(火)
今日はいつもとは日程が違うが月に一度のワーク。
第五チャクラの日。先ずブルーの石を一つ選び、それから幾つか石を選び、最初に選んだ石をハートに乗せ手をあて、残りの石も自分の好きな所に置き、そして光の呼吸を行い待った。私は第三の目に石が乗ってると感じたので、そこに別の所に置いていた石をとり、乗せた。すると金色の洞窟の中に深い紫の穴、紫の洞窟の中に深い金色の穴が出てきた。
その後一度起きて、皆でシエアし、続いて石を替え二回目の瞑想。その時Mさんから「・・・さんはもう開いてますよ、意識が邪魔して気がつかないだけです」と言われた。
《開いているの?意識は邪魔したら駄目だよ》と思っていたら、バタン!とドアが開いて、セッションルームの玄関の中が見えた。ただ違っているのは玄関の備え付けのげた箱の上には美しいローズクォーツの花びらの花が飾られていた。それが二つ。そして段々ピンク色が縁だけになっていった。これは何を現しているのかな?


2月23日(月)
今日は人が行う霊気アチューメントをそばで見た。その人とは私がティーチャーの指導を行った方だが、今日の受講生(大阪在住)の付き添いとしてきてくれた。それでファーストのアチューメント全てが終わった後、練習に一回アチューメントの実践をしてもらったのだ。

掌に上から手をかざして霊気を入れていくのだが、その時受講生の上に向けた掌から光が溢れるように出ていたのが見えた。外から見るチャンスなど無いからこんな風になっていたのかと、とても面白かった。天井までオーラが広がり、部屋全体が霊気で包まれている。だからこの部屋に置いてる石達が輝くのだろう。
セッションルームが出来てから、自宅で霊気アチューメントを行う事が無くなっているが、我が家の石達にも時々流してあげなくては・・。

仕事が6時過ぎまでかかったので、夫の仕事の終了後待ち合わせ食事を取り、歩いて帰った。
帰り道梅ノ木の前を通った時に、切られた枝がその木が在った場所に置かれているのを見て、一本枝を持ち帰った。せめてつぼみを咲かせたくて・・。庭のジョウロに水をはり、いけた。


2月20日(金)
今朝セッションルームに行こうと焦って駅まで歩いていて、大ショックを受けた。

花が咲くのを楽しみにしていた近所の梅ノ木がバッサリ切られていた。そしてその隣のソメイヨシノ、八重桜も。( ̄∇ ̄*)ゞどうして?!

花びらが道路に散るから?梅の実が道路に転がるから?つぼみで真赤になっていた梅ノ木を、花開く前に切るなんて、何て無粋な!何て馬鹿な事を!・・と、怒りと哀しみで一杯になりながら、予約前に着かなくてはと、一瞬止まりはしたが歩き続けた。心は泣いているのだが、約束がある。複雑な心境で時間前に着き、無事セッションを始めた。
セッションの結果は素晴らしいものだった。私とクライアントが姉妹だった事があるとか。もうお付き合いが長いから、余程のご縁だと思っていたが、やはりねぇ。(~_~;)彼女は都内の某大学で教鞭を取っている方。一歳年上だが美しく穏やかな女性。ハイヤーセルフが彼女の光り輝く未来を見せてくれた。そして私の正体(?)も。うふふ・・。天使だって。宇宙の?(~_~;)

帰り道、梅ノ木が殆ど切り刻まれた場所で、なんて事!と怒りながら歩いて帰った。


2月19日(木)
今日はしばらくサボっていた妻恋神社へお参り。そして湯島天神へ。昨年の鷽を持参していたので今年の物と取替え、それから梅を見る。梅は近所の木の方がずっと美しい。でも梅がまとまって咲いてるのはやはり綺麗。
相変わらずこの時期は人が多い。まだ八分咲きだけど、この暖かさなら直ぐに満開だろう。
そこでの用事を全て終え、直ぐそばに在るお気に入りのレストランへ。
ここは平日のお昼のランチが絶品!1500円で簡単なコース料理。最後に出るシャレたデザートも手作りで目でも楽しめる(^○^)
少しだけ道の奥にあるので、此処に通いだして数年は気がつかなかったお店。
数年前に偶然見つけて、それからは時々寄る。最初の頃から見ると細かい所(ナプキンが紙になったり)を節約しているが、料理は質を保っている。心なしかデザートの量を減らした?

      携帯で撮ってみました。
食事を終えて友人が働く千駄木のお店へ。二ヶ月ぶりに会った友人は、様子がスッカリ変わっていた。ストレスから7kgも太ったとかで、スリムだった彼女は二重顎のお腹がぽっこり出た人になっていた。心の空洞を甘いもので満たそうとしてるらしい。絵に描いたような症状。
娘が家を出て行ったとか。パートナーと一緒に暮らしているが、娘が居なくなった空洞は、パートナーでは埋まらないとか。それはそうだと納得。甘いものは直ぐに満たされる。塩が足りないとか柔らかすぎるとか、他のものだとどこかに不満が見つかるものだが、甘いもの、特にあんこ物は余程じゃない限り満足する。だからこんな時は食べて満足感を渇望する。しかし埋まらない。その繰り返しで太ってしまう。
昔「寂しい女は太る」と言う小説を読んだ事があるが、本当にそうだよと実感。(-_-;)寂しくないけど太る私は何?どこかに寂しさがあるのかな?と振り返るが今は分らない。ストレスはあるから、それだろうな。家事嫌いだけどやってるし・・。(;;^◇^;;)

ここを後にして、代官山の石のお店へ。ツーソン物を数点買う。安いと思う物もあるが、こんな物がこんなに高い!と思う物もあった。見る目が無いと安い物を手に入れられない。
昔陶器などに詳しい友人が話してくれた事があるが、ある都内の公立のリサイクル品を売っているお店に行った時、凄い品物が数百円で売っていたり、大した価値の無いものが高い値段がついていたりしてて、見る目が無いと損をするし、見る目があれば得をすると話していたのを思い出した。
まだまだその様な所には到達しては居ないが、自分が好きな石に関しては詳しくなっている。天然物なので一点ものだ、高かろうと惹かれた石は買わざるえない(?)が、やはり知識は必要。もっと勉強しなくては・・。(^^ゞ

そこを出て歩いて恵比寿へ。
店に入るとNさんやTさん、それにいつも訪ねている某HPの管理人Bさんが。M江さんやワークで一緒のMさんまで。今日は何だか濃いメンバーが揃ってる。
頼んであったロシレムを受け取り、Nさんのアドバイスでロシレムを売る事になり、新たに売り物のロシレムを物色して仕入れを。

正直ロシレムの良さが分らない・・と思っていたら、Bさんも同じ事を。《エッ?!そうなの?この人は感性が良く石では大先輩だが、そんなBさんも私と同じ事を思ってたんだ!》とチョッと安心。(^○^)
あまり親しく話した事は無かったのだが、自分が既に買っている虹入りのロシレムを包みから出してBさんに見せる。「綺麗でしょ?」「本当だ!これは綺麗!」との会話をして、何となく打ち解ける。「ロシレムと言えども虹が入ってない石は好きじゃないよね」と言うとBさんは素直にウナズク。
何故か今までBさんのそばに行っても壁を感じていたのだが、今日は何だか違うね。そう言えば、Tさんが「今日のBさんは変だ」とさっき言ってたような・・。だからなのかな?次回会ったら又以前のBさんに戻ってるの?変身タイプ?算命学で星をみれば、そんな人は直ぐに分るけど、もしかしたらその星を持ってる人なのかな?そうなら、人生波あり、波乱万丈タイプだけど、彼は確か公務員だよね。いつか辞めるのかな?ま、人の事をあれこれ考えていても・・と、店を後にする。

いつも歩いている道は人通りが少ないので明るい道を選んで進むと、《ここは何処?私は何処にいるの?(;;^◇^;;)》状態になり、道を若い女性に尋ねる。親切なその女性は駅まで行くので一緒にと言ってくれたので、そのまま駅まで歩いた。《トホホ・・^_^;道一本隣を歩くと全く様子が変わってるなんて、やはり夜は分らないよ》ほんの数分の間に石の話題をこの女性にする。すると興味を持ったらしく、真剣に話に入ってくる。きっといつか何処かで石屋さんを見つけたとき、思い出して入るかも知れないね。石貧乏へのお勧めをしたかしら?(^^ゞ
それにしても背中の石は重かった。( ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ


2月18日(水)
今日はいつものようにレディスデイを利用して映画「ラブ・アクチュアリー」を観てきた。昨日買ったメンブレスを持ってみていたら、いつの間にか寝ていた。首がグラッときてギョッとして起きた。( ̄∇ ̄*)ゞ
この石を持つと寝てしまうのかな?それとも単に寝不足?映画が面白くない?映画はソコソコ面白いのだけど、やはり寝不足に石が作用したのだろう。バックにしまい、続きを観た。映画はまあまあ楽しかったと言う印象。割引だから観ても・・と言う程度。と言うか寝てたから、良い場面を見逃したのかも知れない。こんな経験は始めて・・。(;;^◇^;;)

映画館を出たらまだまだ明るい時間帯だったので、遠いけどチョッと歩いて帰ることにした。前回の映画館は途中でへばってもJR沿線を歩くから、途中から乗れるけど、今回は車しか通ってない通り。最後まで行けるかな?と自分に質問して大丈夫だろう・・との事で歩き始めた。(^_^;)

結局1時間チョッとかかったけど、どうやら自宅に帰ることが出来た。
近所の梅ノ木が全体に赤く変わっていた。もうそろそろ開花かな?この梅ノ木は毎年見事な花をつける。高台にあるので少し遅れて咲くが、木が大きいので見事な梅の花を咲かせる。
そしてその木に並んでソメイヨシノそして八重桜が二本植えられていて、これも順に楽しませてくれる。
人の木だがいつもいいなぁと思いながらそばを歩く。
この木の横に立つと富士山が見える。これを植えた地主は代替わりをしているが、景色を考えて植えたのだろうなぁ。風情があるよ。(^○^)
春は花粉が嫌だが、花は楽しめるね。


2月17日(火)
土曜日にN子さんのお店にツーソン物が入荷した事を知ったのだが、生憎日曜日は仕事が午前中から入っていて、行くのは無理。(T_T) 欲しい石があるのだが、もし売り切れていたらそれはご縁が無いと言う事、と思いながらも心配しながら向かった。店に入るとM江さんがお店番をしていた。
石は?・・有った!(;;^◇^;;)特に欲しかったハートが。やっぱり私を待っていてくれたのね(^○^) なぁ〜んて喜んで、ついでにエッグを二つ手に取り歩き回っていたらマウイで一緒したMさんが。直ぐに残りのエッグを手に取り買っていた。良かった〜っ、タッチの差。珍しくグズグズせずに向かってよかったよ。

帰りの電車でそのハートを握っていたら熱い!凄く熱くなる。やっぱり第三の目を開く?

2月14日(土)
今日は仕事が終わって映画「シービスケット」を観に行った。実話なので安心して観れる。色々あったけど、最後は良かったねぇと言う話になるはずだから。最後が哀しいとか言うのは見られない性格。(~_~;)辛い話や哀しい話は耐えられないこの性格。(-_-;)話の途中でこれからひどい目に遭いそうになったら、もう見ていられない。テレビならチャンネルを替えられるけど、映画館では出るわけにも行かず・・って、確か前にも書いた。と言う事で、最後は予想通り感動的なシーンでめでたしめでたしでした。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


2月11日(祝)
休日の朝寝坊が大好きな私だけど、義兄が泊まっているので、少し早めに起床。朝食の支度を済ませ、ピアノの分解がしやすいように直ぐそばに在るベッドの布団を干す。分解は男二人で直ぐに終わり車へ載せる。少し窮屈だったがどうやら無事載せて義兄は自分の娘の家に。
夫はその後テニス。ワークが中止だからこれはこれでよいが、やっていたら、行けば良かったと後悔しただろうなぁ。

10時からフジテレビで江原さんが出るので見た。
3歳の女の子が交通事故で亡くなり、その後その子が家に居るらしいとの話。江原さんが行くとその子は家に居て、どうしてここに居るのかを説明してくれた。母親が子供が事故死したのが、自分のせいだと責め続けている事。夫婦の仲がそれ以来悪くなっている事。その子の姉がそれで苦しんでいる事などを全部知っていて、それを心配してきてるらしい。その内容はピタリと現状を当てていて、その女の子のお気に入りの服の所在などもピタリと当てる江原さん。
肉体は3歳でも魂は大人。子供からの助言に親達は反省。

あともう一例も凄い内容だったが、死者からのメッセージがこのような正確さで届くのであれば、本当に意義あることだと思った。

その後石の撮影。陽が強すぎて中々難しい。だけどアメシストのスフィアなんて、とても美しく撮れてる。今まで中々レインボーを撮影するのは難しかったが、前より断然楽。でも肉眼で見えてるけど、画像にそれが映し出されるのはやはり難しい。これから勉強。

明日はPC修理に出すので、撮影も中断。(T_T)

2月10日(火)
夫の兄が泊まりに来る事になったので、掃除やら何やら準備が必要だったのだけど、やはり撮影の方が面白くて、撮影しながら掃除しながら・・と、まとまりの無い動きを夕方まで続けた。
兄の事もあって明日のワークをキャンセルしていたのだけど、突然Mさん二人が体調を壊したとかで中止になった。mさんに体調快復の霊気を送ったら頭の天辺が優しくなでられた感触。不思議^_^;

又PC修理に出す事になった。今のままでもどうにかなるのだが、突然動かなくなってしまう危険もあるらしいので、今のうちに。ノートパソコンもあるので、その間に資料作りなど手をつけられなかった事に空いた時間を使おう。

夫が帰宅予定の7時少し前に義兄が来宅。夫の帰宅を待って車で料理屋「柳川」へ。ここは景色もよく釜飯などで主婦達に人気のお店。夜行く事は余り無いが、庭がライトアップされていたので、明るい時に見る庭とは又違い良い感じ。義兄も満足してる様子。私が運転して帰るので、二人はビールやら日本酒やらかなり進んでる様子。
9時過ぎに帰宅したら、熊本の従姉妹より電話があり、飼い犬の様子がおかしいので・・と、霊気を頼まれた。昼間に本人の高熱と腰痛を霊気で治したばかりだったので、今日は熊本方面に霊気エネルギーが集中してる。ジョリー(犬)は肺が締め付けられてた様で、呼吸が出来難くなってたようだ。ついでにもう一匹のネコ(犬)の事も頼まれた。14歳・15歳・16歳と3匹の犬を飼っている従姉妹は自分の事より犬の方が大事らしい。貴女の身代わりになってくれてるのかも・・と言うと、それなら自分が死んだ方が良いと言う。身代わりにはなってないみたいだったので、一週間霊気を送る事に。

と、そんな話を電話で続けていたら義兄も呆れたらしく、先に寝てしまった。^_^;
私の身内は精神世界系は通じるが、夫の方はなにやら怪しい事をやってる・・程度の捕らえ方だろうけど、その事に意見を言ったり文句を言ったりしないので、まぁいいか。(;;^◇^;;)



2月8日(日)
今朝は昨日失敗したカメラの設定をやり直し、それから撮影をした。風は強かったけど日差しが強かったので、撮影は楽だった。但し昨日よりは撮影枚数は多くなかった。それをHPに載せたりやり直したりして、一日過ごした。多分今月ゆっくり出来る最後の土・日。


2月7日(土)
今朝から午後まで、昨日買ったばかりのカメラで石の撮影をした。やはりマクロ撮影がかなり楽になったし、美しい。それでHPの写真と取り替えながら夕方まで続けたが、どうも動きが変。夫に4万画素を2万画素に変えてもらったはずなのに、変。調べるとかなり重い。どうも一番重いものになっている。これではHPを開くのに時間がかかる人も居る筈。と言う訳で明日又やり直し、ゲッ!( ̄∇ ̄*)ゞ

夕方「ロード・オブ・ザ・リング」の最終章の先行ロードショーがある事に気が付きネットでチケットを購入した。8時からの映画だったのでレイトショーだとかで、いつもより600円安い1200円で観れる。夕食を終えて観に行った。

3時間以上同じ姿勢で、椅子に座ってみるのはかなりお尻に負担がかかるけど、どうやら観終わった。私の感想としてはよく出来てる映画だと思ったが、夫は途中眠くなったとか。帰りに他の人が寝ていたとの話をしていたので、やはり退屈になった人もいるらしい。終わってみれば、なぁ〜んだ・・とか思うけど、原作はかなり厚い本だとか。これを読破する自信は無いから、映画化されて良かった。(^_^;)


2月6日vol.2
友人と新宿で別れ八王子へ。駅からヨドバシへ行こうと歩いていたら、前に何度か入ったラーメン屋さんが目に入った。家族の夕食は用意してきていたので、焦って帰る必要も無かったので、タンメンが食べたくなって入った。
特に混んでる訳じゃなかったのだが一人だからか奥の席に案内された。直ぐ隣には若いカップルが。まだ高校生位かな。私が席に荷物を置き、コートを脱いでいると、男の子の方が話し始めた。例の15歳の虐待の話題を始めたのだけど、女性の方はこの事件を全く知らなかったので、詳しく説明を始めた。

私的にはその話題は辛いので嫌だったのだが、もうあの事件が忘れられてるだろうと考えていたのに、ここで聞くなんて・・と少々驚き。
ポツポツと話す子で、食べながら聞くことに。あらかたの事は知ってる訳なので、食べる事に意識を集中していたのだが、元気な時にこの15歳の子は日記をつけていたとか、そこで耳がダンボに。
その日記に次男が逃げた日の事が書かれてあったらしい。「お父さんに見つかりませんように」と書かれてあったとか。これを聞いて、やはりハイヤーセルフが話した

『彼は、自分から進んでこの役割をやってくれている。 このひどい痛みは光に変わる。 それはつまり、世の中の人がそれを見て、感じて、意識を 変えようとしたときにそれはひとうひとつ光となる、 ということ。。 今各地でたくさんの虐待の事件が起こっているが、 気づき、光が増えたら、虐待も少しずつ減っていく。 』
と言う言葉が私の中で思い出された。

二人の会話に「助かっても歩けなくなる・・」と言う言葉が聞こえ、私は《歩けるように・・》は今日の遠隔から含めようと思った。

そのラーメン屋さんを出てそのままヨドバシへ。マクロ撮影がオートで出来るものを探した。今のもマクロ撮影の出来るデジカメだが、とても石の撮影には不十分だ。店員さんの説明や石の先輩のアドバイスを電話で聞いたりして、即決。明日から楽しみ。(^○^)
帰りは満月を見ながら帰った。
濃い一日だった。



2月6日(金)
  氷川神社にて
今日は特別な日。5年前のこの日、ある出来事があり、突然知らない世界に入ってしまった。
周りの機械は壊れ、テレパシーが始まり、触らずに相手の肉体を傷つけ・・と、感情の嵐と共に始まり、3ヶ月間荒れまくったが、嵐の終焉と共にその世界も段々静かに遠ざかった。少しだけ残して。
3年前のこの日、19年間一緒に過ごしたミミが亡くなった。正直、親が亡くなった時より、悲しかった。心が張り裂けそうだった。
そして今日は満月、何か始まるのだろうか?と数日前からドキドキしていたけど、特に変わりは無いようだ。この一ヶ月ほどはハートチャクラの動悸が激しいが、特に何も無い。

前から友人と約束していた事なんだけど、今日突然大宮の氷川神社に行く事になり、11時には大宮駅に居た。そして歩いて氷川神社へ。


  

奥まで入ると、そこは凛として気が違っていた。だがそこに着くまでの赤い太鼓橋のあたりは水が汚いからか、余り良いとは思えなかった。どうしてこんなに池を汚くしているのだろう。こんなに汚い池の神社は初めて。神池とかの名前も付いてるのに。(^_^;)
ごみが浮いてるし、掃除が出来てないだけみたいだったなぁ。江原さんの本で紹介されていたので楽しみにしていたが、こんなに汚い水の池では龍様も怒ってない?

  写真写りが良いけど、水が汚い。

それでも不思議な箇所があった。汚い池なのだが、そこから見ると美しい。気も変わり手から気が凄い勢いで出ていた。

     ここだけ不思議空間。

そろそろ帰ろうとして歩いていたら、手が痛いほど気を感じる。最初それが何処だか分らなかったけど、余りにアピールしてくるので地図を見ると、奥に御嶽神社が。ここが呼んでたのね。そこで歩いて奥へ。隣にもお祭りしてある神社があったけど、そこは特に何も感じない。だけど、賽銭箱には千円札が数枚はみ出していた。何故?商売の神様なのかな?御嶽神社はお参りしていると身体が周るし、光も感じた。やはり過去世は行者系が多そうだから、ご縁が深いのだろうか。何故か撮影はしなかった。
今日のお参りはやはり拝殿でのお参りが凄かったかも。光が二つ見えて、一つがもう一つに移動しているように見えた。その二つの光を一つの囲いがしてある様に見えた。何かな?
2月4日(水)
今日は、前から見たいと思っていたが批評が悪いので躊躇していた映画「タイムライン」を、レディスデイを利用してみてきた。
最初からスピード感有り、ドキドキするシーンも多く、来なきゃ良かったとか途中後悔したり(残酷なシーンとか苦手です)しながら見たけど、面白かったですよ。ロマンもあったりしてふか〜く考えたら矛盾もあるのだろうけど、映画だもの、楽しいのが一番だよね。見終わって哀しくて胸が押し潰されそう・・なんて映画は嫌い。残酷さを売りにしてる映画は最悪。( ̄∇ ̄*)ゞこわ〜い映画も苦手。SF好きだし、ミステリーも好きだし、ロマンス映画も良いねぇ。
帰りはまだ明るかったので、JRで3駅分歩いて帰った。大体1時間歩いた事になる。最後の一駅はその前の二駅分より遠かった。(・・;)
2月3日(節分)
今日は、霊気で仲良くなったクライアント二人が石を見に自宅へ遊びに来た。
噂に聞いていたらしいが、こんなに多いとは流石に想像できなかったらしく、大騒ぎ。何故か私も一緒に騒いでいる。余りに多すぎてケアしてないから、こんな時に手にして驚いたりしてる。^_^
;この中から15個だけ残してあとは皆に放出するとは決めていたが、15個には出来ないかも・・。厳選しても30個は残す事になるだろうなぁ。
今日来られた方の一人が催眠体験談を書いてくれた。今朝メールで届けてくれたが、それを読んで涙してしまった。セッション中は声が小さかった事もあり、所々聞こえてないこともあったのだが、この体験談でハイヤーセルフの答の深さに感動した。やはり高次の存在なんだなぁと再確認してしまった。

            
   今日の節分用に買っておいたお菓子。毎年豆まきをするのだが、娘が
   バイトで参加人数が二人の予定だったので、30年ぶりに豆まきの習慣が
   途絶えてしまった。ところが夫が早めに帰宅。そんな事なら豆を買って
   おけば良かった、鬼が居たのに・・。(;;^◇^;;)

この数日、ハートチャクラがドクドクと動悸を打つ。心臓の動悸のようだが、胸のど真ん中。心臓が悪かったら恐ろしいほどの動悸。何かが動き出してるのだろうなぁ。

昨日のクライアントと無償の愛についてかなり話し合った。無償の愛について話し合うクライントが最近多い。魂について、愛について、真剣に考えている人が多くなったのだろう。そして私とリンクする方達がどんどん来てくれ、全てに偶然は無いと言う事、人は自分の鏡と言う事を教えてくれているようだ。

2012年12月に向けて、大きな変化を皆迎えているようだ。
さて2012年に私は肉体の中に居るのだろうか?

    2月4日朝撮影