リズミックムーブメントトレーニング(原始反射の統合)

RMTについてはこちらをご覧下さい。

HOMEに戻る

☆体験談☆

☆Yさん
12月1日
私は12月1日に一回目をうけました。
脊椎ペレーズ反射です。
体の背中、両脇を上か下へと、下から上へなであげる時の反射です。
私は右側の下から上へのなで上げに強力に反応していました。
仰向けに寝て膝を曲げ体をゆする運動と、正座のような形でひじをまげた腕をあげ腰を前後に曲げる動作などをしました。
私は右足の膝から上が長かったらしいのですが、寝て体を揺する動作を していたら、足の長さが変わってバランスが取れてきたそうです。
腰を前後に曲げる運動は、とてもやりにくくかったです。
あまりうまく動作ができませんでした。
でも、これらの体操をした後、脇をなでられた時は、両側、上からも下からも 最初にさわられた時のように「なんともいえない気持ち悪さ」や、「 なんだかわからないダメージ感」が無くなっていました。
ちょっとした体操をしただけなのに、「なんで!?」と思うくらい、体の感覚が 変わっていて、驚きました。
私はここ数年とてもトイレが近くなっていたのですが、それがほんの少しですが 良くなっているようなきがします。
これからの変化が楽しみです。

12月21日、緊張性迷路反射のリズミックムーブメントセッションをうけました。
テストは、
1、両足をそろえて立ち頭を前に倒し、目を開けた時と目を閉じた時の筋反射テスト、
2、両足をそろえて立ち頭を後ろに倒し、目を開けた時と、目を閉じた時の筋反射テストでした。

テストの結果は、両方向、目が開いていても閉じていても力が入らない、でした。
統合のための運動は、 1.自転車こぎ 2.サマーソルトローリング 3.枕に頭を打ち付ける4.仰向けに成って頭を持ち上げる
5,頭を手で抑え力を入れて反発する
でした。
感想は、
すべての動きで、その動きをするのに苦手感がありました。
はじめは、体がぎこちなくしか動きませんでした。
始まる前に、ふくらはぎの痛みがあったのが、無くなりました。
途中で目眩がありましたが、セッションがおわったら無くなっていました。
終わったとき、頭がはっきりしました。
そのあと、すぐ眠くなりました。
終わってしばらくしたら、頭頂部が熱くなり、目の奥が痛くなりました。
水を飲むと、少し収まってきました。(頭の中がすごく動いたのだと思います) したことがないような運動をしたので、翌日、朝起きたら首の根元の筋肉が、 とても痛かったです。

緊張性迷路反射は、出産時に関係あるものだそうです。
私は逆子で、産まれてからなかなか呼吸をしなかったそうで、青かったそうです。
そういう事も関係あるのでしょうか。

今まで、体感としては、
イスに座った時、イスの脚に足を巻き込むクセがありました。
疲れ易い、ほおづえをつく、何かに寄りかかりたくなる、立っている時、すぐ座りたくなる、床にすわる時ぺちゃんこ座りをする、
つま先立ちで歩く、階段の登りおり(降りる時)が怖い、奥行きを測る事が苦手、音に敏感、特定の音に集中しようと思っても、他の音を遮断できない、 注意不足、身の回りの空間把握が難しい、整理整頓に問題あり、などを自覚していました。

宿題はなかったです。

その後は、首の動きが楽になったような気がします。


☆Fさん
◇ 一回目は 12月1日、モロー反射のバランスです。

目標は「自由に楽しく生きる」

プレチェックのほとんどは仰向けで受けるもので、膝を立てて「脚を外側に引く」という動作の時は、

膝を立てた足がそのままの形でかっちかちに固まっていてびっくりしました。
自分は無意識に力を入れて足を伸ばすことに抵抗しているということに驚きました。

他にも「腕と脚を体から離す」というものもだめで、安心して手足を自由に伸ばしていることができないのかもと思いました。

それと目の前に手を振られてイヤという反応も、今まで気が付きませんでした。

一回目は宿題はなしで、
受けた後の変化は、ドラマなどを見ている時に体が楽になっていることに気が付きました。
姿勢が楽に?リラックスしているような。

追われて殺されるようなシーンの映画もそれほど怖いと思わず、見ていました。


◇ 2回目は 12月21日(冬至の前日)、辺縁系のバランス

爬虫類脳がうまく繋がっていなくて、運動神経や自己受容にも関わるとか。
自己主張ができないとか、確かにそうです。
赤ちゃんの時のスキンシップが足りていない。

目標は「楽しんで活き活きと生きる」

バランスをとる体操をやるとき、言われたようにやろうとしても思うようにできず。
足を動かすために手まで動いてしまうという、上半身と下半身を別々に動かすことが自分は大変なのだと、言われて初めて知りました。

考えてみると、子供の頃から運動神経は無いと思っていました。
ハードルとか飛び箱とかジャンプするようなのものは特に苦手でした。
あれがそうだったのですね。転んでました。

体操をやった直後は、体の重さがひとつのもとして、一体としてあるような
リラックスしている感じです。以前はぎくしゃくした動きだったと思います。

あと外を歩いた時にすごく体が軽かった!歩くのが楽になっていました。
歩くのって結構楽しいんだ;とびっくり。前は足を動かす為に上半身も動いていたのでしょう。

運動神経がいい人というのは、本当に体を動かすのが楽しいのだろうな〜と思いました。

ホームサポートは「サマーソルトローリング」を一日2回、1週間。
今気が付きましたが、勘違いして2週間やっていました;

そう言えば、やり始めて1週間ほどたった頃に反抗期っぽい感じの感情がありました。
それは年末に買い物や用事に付き合わされて忙しい時に、「もう、自分勝手なことばっかり!」と一回母に口走って、
・・・なんだコレ?とびっくりしたことがありました。

それだけでしたが、たしか辺縁系は赤ちゃんの、喜びと不快の感情を表現することに関わると聞いたと思ったので、ある種の感情を表現したということですよね。(笑)

受けた感想としては、普通に座っていることが楽になったり、歩くことが楽しくなったり、楽しんで活き活きと生きるという目標に近づいています。
そしてもっと運動神経が良くなりたいな〜と思いました。

沢山の数の体操があり、時間も労力も大変おかけしました。
どうも有難うございました。<(_ _)>

2010年1月10日3回目
腱防御反射のバランス
動きのメニューは前回よりも楽でした。首を中心にやっているようでした。
 過去に二回転んだことで、首を痛めていて、整体に通って良くなってはいたのですが
 やはりまだしっかりと繋がっていなかったのだと思いました。
 終わった直後は、頭痛があり、首、眉間、目の奥や耳の中までも痛くなりました。
 まだホーム・ワークの期間は終えていませんが、変わったと気がついたことは、
 暗い中を歩いて、電気を点けようと手探りでスイッチを探した時に、一回で間違えずに探れたことに
 ちょっとびっくりました。それも何度もできました。
 いつもは割とちょっとハズレた所、スイッチの縁などに触ったり、だいぶ外れた所を触ったことも
 あったのですが。
 以前は知らずに暗いところがストレスだったのでしょうか?
 今は前より平気になったのかも知れません。



☆Mさん
12月10日
脊椎ペレーズ反射
私が目標に設定したのは、「人が言うことが気にならない、気にしない。」と言うことでした。

直後の感想はこの設定から外れてるのかな?と思い言えませんでしたが、「ワクワクして前向きな気持ち」がありました。

何だか楽しくて、顔までニコニコしていたのを覚えてます。

それと、「目標に掲げる言葉はポジティブにする」と言うことが更に気持ちを明るく、前向きにするんだ〜とつくづく感じました。

母のことで山積みになってるやらなくてはいけない家のことがあり、精神的にイッパイイッパイでした。

でもリズミックムーブメントを受けた後は、「やらなくてはいけないのは同じなんだから、それなら楽しくやろう!!」と思えるようになりました。

以前の私だったら間違いなく「何で私ばっかり!?〓」と思っていたはず。
心境の変化に自分でも驚いてます。

あんなに簡単な動きでこんなに違うなんて…〓

12月25日
「ワクワク、前向きな気持ち」が更に加速しているように感じます。
(楽しみな予定とか、何も無いんですが…)

私に残っていた反射は「緊張性迷路反射」でした。

・視力が弱い
・ふくらはぎが緊張してる
・猫背

など、思い当たることばかりでした。

確かに自分でも、「体に力が入っているな〜」
と思うことがよくありましたが、25日の帰りに早速効果を実感しました。

まず、駐車場へ向かう私の姿勢がいいことに気付きました。

猫背な私は自分で意識して背筋を伸ばすように歩いていましたが、その時は無意識のうちに良い姿勢を保っていました。

車を運転しているときにも感じたことがありました。

いつもなら背もたれから少し体が離れるのに、ピッタリ付けても違和感なく運転していることに気付きました。

車に乗るのは好きな私ですが、緊張からかハンドルを握る手や腕に力が入っていました。

それが、「力は入れてないのにしっかりハンドルは握っている」感覚があるんです。

暮れに来て、あちこち車で出かけることが多くなりましたが、歩いて疲れることはあっても運転で疲れることをあまり感じなくなりました。

クリスタルルームを出て15分くらいの間にたくさんの変化がありました。

今回は宿題も出ましたが、設定した目標を言いながらやっています。

うまく言葉で表現出来ませんが、前ほど自分を否定しなくなりました。

何をするにも「楽しもう」と思えるようになりました。

前回以上にRMTを受けて本当に良かったと思っています。
ありがとうございました。





2010年1月7日 
バビンスキー反射
足の内側だけで立った時、外側だけで立った時、どちらも左側の親指が特に反る。
ペンでなぞると親指側のラインが気持ち悪い。
動きのメニューを行った(ワイパーズとうつぶせのハイハイ)後、同じ動作をしたら、親指の反り方が明らかに小さくなった。

後日談。
今回は「変化がないのかな?」と思い始めていたら、昨日の集まりで気付いたことがありました。

まず、ご飯を食べるスピードが早くなりました。
私はご飯を食べるのが遅くて、大人数で食事をするといつもビリでした。

「皆を待たせている」と思うと慌てしまい、よく噛まずに食べることが多々ありました。

でも昨日は昼ご飯も夜ご飯も急いだり慌てることもなく、お腹がすごく空いていた訳でもないのに、「もう食べ終わった」と自分でもビックリするくらい早かったです。
もちろんしっかり噛んでます。

集いのときも、食事のときもしっかり皆さんの話を聞いてたように思います。

7日のとき先生に「バビンスキー反射の特徴は?」と聞いていたにも関わらず、昨日同じ事を聞いてしまったので、「あっ、私、前にも聞いてた〜」と焦りました。

でも昨日1日を皆さんと過ごして、集中力が前より付いたのかな?と感じました。

☆Kさん
1回目 12月10日 脊椎ペレーズ反射

私も右の下から上へのなで上げが 一番気持ち悪かったです。
軽いほうではあるとのこと。

セッション前、集いでお話を伺っていた時には
腰部分をなで上げるのは 誰でも気持ち悪いものだろうと
思ったものですが、ご一緒させて頂いた方は 平気 とのことで
人それぞれということに 改めてビックリしました。


解消のための運動はスーさんがお書きになっている通りですが
動きとしてはシンプルなのに、普段の生活では しない動きなので
反射の残ってしまった人が、そのまま というのも そうなのだろうな
と思いました。

仰向けに寝て膝を立て、上半身だけ自分で上下に動かす運動と
正座をして腕を挙げて、胴の中央部分だけ前後に動かす運動は
今までしたことのない動きだけに なかなか思うように動かず、
やっている間も 頭で考えつつ動いていないとワケがわからなく
なっていくので ちょっと大変でした。

終わったあとには 以前の気持ち悪さがほとんどなくなり
ホームワークもなしでOKということで 早い解消に驚きました。

今までの生活の中では、この原始反射の残りによるであろう不自由さを
感じなくて済むように誤魔化しつつきたのと、軽い症状であった事とが
あいまっているのか、残念ながら 今のところ 自覚のある改善が
判らないのですが、また、これから気をつけて自分を観察していきたいと
思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

2回目 1225
神経シャーシの統合
嗅覚以外の感覚に異常のある場合がある とのこと。
運動をしながら、そういえば、痛覚が鈍いよなぁと思っていました。
どこかにぶつけた、というような外的な痛さではなく、
○○
痛 という 自分の体から発信される痛さに鈍いです。
小山さんには以前から、腰が悪いはずと言われることがあったのですが、自分で腰痛の自覚が全くなかったため よくわかりませんでした。

 
統合が終わって、2日後、これが腰痛というものか? という
痛みが出てきました。
かがんだ状態から立ち上がるのにも、そろそろと動いていました。
痛みを自覚するのは嬉しくないのですが、今まで気付かずに負担をかけていたということでしょうか。
年齢を重ねた後に急に自覚するようなことにならず、よかったと思います。
ありがとうございました。


3回目 17
対称性緊張性頸反射(STNR)のバランス統合

上腕を使っていないとのこと。
はじめの運動をしている時に、本当は腕の力をつかって動かなければならないところを、脚をつかって動いていました。
腕を使うことを指摘されるまで、5分もかかっていなかったはずですが、翌日、太腿が筋肉痛でした。
激しい運動ではなく、ゆらゆら動いているだけだったので
これほどの筋肉痛になるとは驚きました。
本来、腕の力でするべきことを、他の場所で補うというのは
予想以上に負担のかかっていることなのかもしれません。

他の運動では、腕にほとんど力のないことが判明。
自分でも笑ってしまうくらいでした。

はじめ、四つんばいになって床に掌をつけるとき、
指の付け根が付かないように、手首に近い場所と指先だけで支えて、中央は床と隙間をつくるようにして 手を置いていました。
統合後は、習慣的に同じように手を置いてはしまいますが、掌をぴったり床につけても、気持ち悪さは感じなくなりました。




☆Y.Tさん
12月25日
今回は『前頭葉全部皮質のバランス』の反応が出て、このタイプには自閉症の人が多いとのことでした。
この時は自分自身あまりピンときてませんでしたが、過去を振り返ると色々当てはまる部分があることに気づきました。

まず、集中力に欠ける。
小学校で授業中、じっと黒板に向かっていられない。
もちろん、先生の話しなどもずっと聴いていられなかった。
コミュニケーションが難しく、集団生活に恐怖心を抱いていた。
一人で自分の世界に入っている時が一番リラックスしていたように思う。
地に足が付いていないフワフワとした感覚で、自分はちゃんと現実に存在しているのだろうか?と思う時さえありました。
など等、とにかく感覚的に生きていること事態がしんどくて大変で、誰にも言えずに一人で悩んでいることも多々ありました。

ただ、これらの症状は大人になるにつれ少しずつ解消していった部分はありますが、未だ残っている事もあることに気づきました。

セッションのテストの中で、無意識にも身体がちゃんと答えを出していたことに改めて驚きました。

ホームワークにもなっている体を前後に揺らす体操は、
肩と腕に力が入りやすいので力を抜くことを意識しながら実行しています。

セッションを終えた翌日は、朝から前頭葉部分の頭痛が生じました。
途中、ひどくなりそうだったので「私は自分自身をブロックしません・・・」と
心の中で何度も宣言すると少し和らいできた様子で、痛みは一日中続いたものの薬を飲まずに済みました。

先生の日記にもありましたように、前頭葉部分の頭痛は私も初めてです。
今も時々弱い痛みがあります。

注)痛みに関して、
原始反射のバランス統合を行うと、脳に新しい回路が出来るので、頭痛を起こすことがあります。これに関しては、現在では前庭を使っての痛みを取る方法をお伝えしていますので、痛みは和らぎ大丈夫になっております。


その他、感情的な面での変化は今のところあまり自覚はありませんが、わりとリラックスできているように感じます。
自分のことは意外に見逃しやすいこともあるので、これからも自分自身の観察に意識していきたいと思います。

2010年1月7日
腱防御反射
目標・・人にうまく言葉で伝えています。

簡単な運動なのに思うように動かせない事が不思議でした。
体内の筋肉が変化、動いてるように感じました。
気がつけば、呼吸が深くなっていた。

周りの人の感想・・以前と違って自分の事を積極的に話す人になっている。


Sさん、

1回目2回目とこれまでにもメンタル面の変化がとてもありましたが、 今回は肉体的な変化に気がつきましたので少し書き込みたいと思います。
最後の宿題も終わり、時間が経ち最近!そういえばと気がついたのですが、うつぶせになって腰をそり返す事が、辛くない事を発見しました。
これは私のとってすごい事です。


腰が痛くなる事はほんとに多く・・・一時期は毎朝腰痛で起きる位で・・・
長い間、エステの施術で中腰をしてきたせいだと思っていましたが、それだけではないのだとわかりました。
普通の人がなんなく曲げられる範囲が硬くなっており、伸ばそうとすると痛みがあり、腰がひけたような姿勢になっていたと思います。
全体に猫背になったり肩こりもありました。


いろんな所にズレが生じていたり、余分な力をいつも腰に入れていたのかもしれません。また位置的には尾てい骨のあたりも痛みに関係しており、これは第1チャクラの問題も含まれていたのだと思います。


このチャクラはとても小さい時に発達するチャクラですが、親の仕事で子供の頃に他人に預けられており毎日安心感がないという環境も、それらの要因になっていたのだと思えました。


腰がまた固まって姿勢が悪くならないように、少しでも今までにした動きを続けて行きたいと思っています。