イメージとは見る事(ビジョン化)だけではありません。ビジョン化出来なくても感じ取る事も含まれます。

例えば、今目を閉じてみて下さい。
周りは目を閉じたので見えなくなりました。
でも、目で見えないからと言って、あなたが今居る部屋が消えた訳ではありません。
あなたも存在するし、どんな服を着ているのか、どんな髪なのか、どんな目の色なのか、自分の事だから分っています。
それを催眠中訊ねますので、わかっている事を答えれば良いのです。

では試してみましょう♪
目を閉じて、海辺をイメージしてください。砂浜に裸足で立っています。
風が潮風を運んできます。髪が風に揺れています。波のざわめきが聴こえてきます。鳥たちの泣き声も波間から聞こえてきます。
足元の砂が波の浸食で段々減ってきています。

これがイメージできましたか?イメージとはビジョン化するだけを言うのではありません。ビジョン化出来なくても、足元の砂は感じますか?風は?そこに立っている感覚はいかがですか?
ビジョン化出来なくても大丈夫です。ビジョン化出来ない方は、感じられれば良いのです。砂浜に立ってる感覚を感じて見ましょう。出来ましたか?風が吹いて身体を揺らしていますよ。感じられますか?想像できますか?


この場面がビジョン化できるか、または感じられる方は大丈夫です。
もちろんハッキリクッキリなどを期待してはいません。
何となく見える、または感じる程度で良いのです。

中には全くそれが出来ない方がいらっしゃいます。(私も含めて)
この方々は現在、まだ何か大きなブロック、又は意味があって潜在意識が開かないのだと思われます。
これが多少なりとも出来る方は問題ありません。思考の壁さえ破れば大丈夫です。
それでも、全く目を閉じてビジョン化、感じ取る事、心の声が聴こえる、匂う。の、どれかが全く出来ないと言う方には、ヒプノセラピーは難しいです。

この様な方々も、何度か通って頂いて体験して頂ければ、催眠に入る可能性は高くなります。

ヒプノセラピーとは、潜在意識に繋がって過去の情報や様々な情報を受け取り、体験する手段です。
しかし、潜在意識と繋がるにはイメージが言語になる為に、それが出来ない方には、潜在意識の蓋を開ける事が困難になります。厚い蓋が開かないと言う事になります。
その蓋を開けるために誘導をするのですが、誘導する言葉をイメージ出来なくては、蓋が開かない事になります。

なので、この場合は先ずブロックとトラウマ&恐怖症を解くセッションを受けられる事をお勧めいたします。
ブロックやトラウマが解けて感情の解放が起こりますし、潜在意識を開く事を抵抗しているものが軽くなる可能性があります。
その上でヒプノセラピーを受けられると入りやすくなります。
このセッションとヒプノセラピーを同時に受けられるセッションもあります。

開業以来既に千名以上の方のヒプノセラピーを行ってきましたが、2008年2月現在でも、催眠状態に入らなかった方は、まだ5名程度です。
☆☆常時頭の中が忙しく回転を続けている左脳タイプの方や、過去世の影響で強い恐怖感を持ってる方や、他人への不信感などでブロックしてる場合は難しいですが、2007年8月下旬から取り入れました右脳と左脳を繋ぐ体操により、潜在意識の蓋が開かれやすくなりました。
今までなら難航していた思考が強いタイプの方々に、脳のバランスを取る体操をして頂くと(2分程度で終る簡単な体操です)、不思議な事に感覚が敏感になっていきます。
長い間エネルギーを感じられなかった方や、波動水の味の違いが分らなかった方が、全て分かるようになった例もあります。


他に頭から龍氣愛主エネルギーを流す事で、潜在意識と繋がりやすくなる例も多く見られるようになりました。
先ずはご相談下さいませ。