伊豆大島 筆島
3月27日(日)
今日は早めに帰宅したので裏山に咲いた梅の花の撮影をした。
盛りを過ぎてしまったが、この梅は豊後梅。昨年近所の見事な豊後梅がイキナリ伐採された事から、それを惜しんで買った。そして今年咲いてくれて、夫がそれを愛でながら酒を飲んだとセッション中の携帯にメールをくれた。私はあまり家の裏山まで登った事が無い。先代の猫が19歳で亡くなった時、埋めるために一度登ったが、土が凍っていた為に手におえなくなっていた私と娘の姿を窓から見た夫が、風邪で伏せっていたが起きてきてミミを埋めるための穴を掘ってくれた。それ以来裏山に上ったことが無かった。
ミミの墓は窓から見えるので時々語りかけていたが、最近忙しくしていて窓から裏山を見るのもさっと見てるだけ。なので、梅の花の盛りを見逃してしまった。(ーー;)でも嬉しい事に、近所の伐採された梅ノ木の根元から枝が伸びてきて、今年も花を見せてくれた。もちろん以前の姿とは全く違うが、それでも生きていてくれたし、又花を見せてくれた事が嬉しい。残念ながら一緒に切られた桜はそのまま。同じ木ではあるのだけど、梅と桜は違うのだね。
 
裏山の豊後梅 昨年植えました。

復活した近所の豊後梅です。
3月24日(木)
今日は数日前突然休みが決まったので、久し振りに町田の友人の家に遊びに行く事にしていた。処が昨夜連絡が入り、息子の同僚の母親が亡くなったのでお通夜に夕方から出かけなくてはいけなくなり、喪服を持って出かけた。友人の家で喪服に着替えそのまま行くのが、時間的にも良いと判断したから。
友人宅に着いたら例の臆病者の猫が居ない。又天袋に逃げているのか?と思ったが違うらしい。二階で寝ているとか。この猫で私のハートを判断しているので、今回はチョッとどう言う風になっているのかと興味津々。この前光と闇の戦いをやった時、自分は本当に光の方だったのか?と言う判断を色々な事でチェックしているので、この猫もその判断の一つ。
すると二階から餌を食べに降りてきて、私を見ても逃げようともせず安心して食べている。一応ハートは合格らしい。(^^)v

夕方になってお通夜へ出かける準備をする。喪服に着替えたらウッウッ・・苦しい。(・・;)ウエストが絞めてあるタイプなので、太ってしまったウエストにはかなりのダメージらしい。確かこの服は太り始めた時に少し大き目を買ったはず。( ̄∇ ̄*)ゞ大変だ!やはりダイエットを頑張らねば、喪服も入らないよ。なぁ〜んて言っても、今からでは間に合わない。仕方なく、友人宅にあった大き目の喪服をもらい(要らないそうでもらった)出かけた。太ると困るね。(;;^◇^;;)


お通夜の会場は市営の葬儀場。途中友人達を拾い会場へ。二組行われていたが、亡くなった方の名前の部屋を見ても誰も居ない。遺影を見ると故人の顔とはかなり違っている。かなり昔の写真を使ってるようだ。式は6時からなのに、変だね。隣の人達は大勢人が集っている。中に入ると息子が一人座っていた。この子は20代後半だけど、知的障害者。母親が亡くなってこれからどうするのか?と心が痛む。すると会場の中に数人の人たちが入ってくる。親族のようだ。この子の父親が私達に話し掛けてくる。少しボケている?長男の方が死因の説明などをしてくれていたら、始まる事に。親族が5人。その友人が一組。それに私達4人に同じく、知的障害の息子の同僚関係が6人。お焼香も直ぐに終わり、別室でお寿司などを食べながら故人をしのぶ。密葬でも無いのに、人が少なすぎる。故人の友人は?障害の息子は、母が亡くなり父がボケていて、頼るは兄だけだけど、大丈夫?人事では無いと友人達と話す。

毎日の様に過去世の亡くなるシーンを見ているが、亡くなる時の姿がその人生を現す事が多い。一人静かに亡くなって行く人は多い。看取ってくれる方が多い人ほど、人生は幸せだった人が多い。その人が貧しい人であっても、友人達が心配そうにベッドの周りに集っている。愛する家族に見守られながらと言うシーンも同様。心から心配してくれる使用人に見守られてる方も同様。自分が人々を愛した分、亡くなる時、皆集る。私はどうかな?まだ未来の世界。今亡くなっても不思議ではない年齢ではあるが、これからが私の人生の山場の様な気がする。どう生きるか、もう人間はこれで終わりだと言われているし、思う存分信じた道を歩むのみだね。
しかし、遺影は自分で選んでおかなくては・・。(^^ゞ

3月23日(水)
午前中の用事が終わり、予定していた映画「ハウルの動く城」を観に出かけた。ワザワザ一度観た映画を、再度映画館に出向いて観るなんて事は初めて。それだけ感動した映画と言う事なんだけど。
春休みなのか殆ど満席状態。隣の人達は始ってもポップコーンをバリバリと音を立てて食べ続け、環境は悪い。しかし気がつくといつの間にか私は寝ていた。(ーー;)目が覚めたら、ハウルの城で既に主人公が生活してたりして・・。(・・;)私ってやはり同じ物を見たり聞いたりは苦手らしい。(ーー;)江原さんの講演も、本と同じ事を話し始めると寝てしまうし、映画もそうみたい。それでも後半は起きてみていられた。何の為に行ったのだろう?(^^ゞ
3月21日Vol.2
昨日がヒプノ養成コースの方の卒業、そしてメンバーの大阪から来られているNさんのティーチャー二日目の講義が今日で終わり、本当にお別れ。浜松のMさんは又4月に来られるかも知れないけど、遠方だからそう何度も足は運べない。そう思うと寂しさもあり、これからヒプノセラピストとして開業する子供を送り出すと言う心境にもなり、喜びと寂しさが入り混じった複雑な心境。
最後の授業の日、突然開かれた名古屋のTさんのチャネリング能力により、又色んなことが分かったりして、遠い国に居る友を思い全員で光を送る。どうして?何でこんな事になるの?と言う単純な疑問も湧くが、高貴な魂であっても、心境が下がるといつでもそのレベルのガイドに代わるという事を見せられ、自分自身を改めて戒める。地球に生まれ肉体を持っている故に、その誘惑に負け易いと言う事だろう。だからこそ、自分を戒めて生きていかなくてはいけないのだろうね。ま、甘いものの誘惑には直ぐに負けてしまう私だけど、こちらの誘惑には負けないと言う自信が何故かある。長い間、庶民を生きているからかな?
3月21日(祝)
少しずつ昨夜の報告が入ってきています。沢山の方々のご協力で、事なきを終えました。既に半分開かれていた事に気がつきませんでしたので、4月に行く予定だった福岡が被害にあった事、残念です。
その時、金色のカプセルのようなものに守られた私の姿を見た方、天から金の龍がサポートに降りてきたのを見た方、天界の方々がおさえに入ってるのを見た方など、素晴らしい働きでした。大天使ミカエルが守りについて下さった事、感謝いたします。皆さまありがとうございました。m(__)m
3月20日Vol.2
お役目完了。
3月20日(日)
今日が遠方コース最後の日。授業の直前に大きな地震が福岡であった事を知り、テレビが見られないセッションルームなので、親戚が福岡に居る生徒が心配で落ち着かない。私はこの地震に何故か別の意味があるような気がした。
その話やエジプトの話をしていると、名古屋のTさんがいきなりチャネリング能力開花。Mさんも同様に反応するので、しばし遠い国へ行ってる共へ光を送る。あとで聞いたら、その時、立っていられないほどのエネルギーがその方へ届いたらしい。
最初のクライアントは数日前にかなりショックな事があったとかで、その事で頭が一杯の状況で、催眠に入るには難しい状況。Nさんもそれでアタフタ。私にもかなり難しい状況。もちろん催眠には入るのだが、ネガティブになりすぎてセッションが中々難しい。そしてどうにか終えた。その時、チャネリング能力が開花したTさんから、クライアントの明るい未来のメッセージが入った。それを聞いたその方の顔がパァ〜っと明るくなった。こんな時はチャネリングも良いなぁと思う。
二人目の方は一人目の方と違いスラスラと話す。なので今朝の地震についてハイヤーセルフに訊いてみた。すると恐るべき内容が。なので、昨日に引き続き、今夜のやり方を細かく聞く事となった。

そしてこの方と誘導していたTさんとは、過去世近所でとても仲良くしていた幼なじみだと言う事も分かり、それをチャネリング状態で分かったTさんは、催眠が解けてからもその時の話で花が咲いた。メールアドレスを交換し、お姉ちゃんと呼び仲良し状態。不思議だね(・・;)
さて、今夜は・・。

3月19日(土)
今日は被験者予定の方が17日の夜遅くにキャンセルをされたので、慌ててメールでお願いしたのでダブル事になり、二人の予定が三人になってしまった。と言っても、その分生徒が沢山体験出来る訳で嬉しい事ではあるのだけど、時間の関係でアタフタしてしまった。

最初の方は以前から数回ヒプノを受けて頂いていたので、今回はこの方の契約や制限を全部取ってしまおうと言う心積もりがあった。
以前生徒の一人がその契約を破棄する宣言をした途端、身体のずれが治り始めた事も体験し、契約の解除を宣言する事が大事な事だと分かっていたから。それとこの方が以前誰かと契約してしまった事をMさんのセッションで言われたと聞いていた事、そして最近私の所に来られるクライアントさんの契約解除や封印を解く事が続いていたので、それを出来る時がきた事を感じていたからもある。
不思議な事にこのクライアントと組み合わせる生徒は、今回の生徒だと最初から決めていたのだけど(他は適当だった)、過去世同じ仲間だった事も分かり、やはり面白いと思った。
二番目のクライアントは前日お願いして着ていただいた方。彼女も今回は胸の中に沢山の刀が封印として入れられていて、ハイヤーセルフがその話をしたので抜いたのだけど、本当に沢山の刀がリアルに出てきたそうで、怖かったようだ。私もこの一ヶ月何度もこの様な事をしているが、どうして今この様な封印取りが続いているのだろう?私の番が着たから?この方と生徒は靈氣繋がりのようだ。

最後はノバ猫さん。この方もやはり突然お願いした方。本当に皆様ありがとうございました。m(__)m
ハイヤーセルフを呼んだら、「エロヒム」と名のる存在が現れて全員驚く。そこから私が直接セッションをする事になった。私に頼みがあって現れたとか。この名前は私が子供の頃のテレビ番組で、確か魔法陣を作る時、「エロイムエッサッサ」と言いながら誰かを呼び出す子供番組があったので、聞いたことがある程度。確か地球の神様と言う程度の知識。面白い事にノバ猫さんは知らない。この内容は以前このページに書いたので読まれた方もいらっしゃるでしょうが、エロヒムの驚くべき発言があった。これを聞き、明日の夜私達が行う内容がガラリと変わってしまった。
彼女達が光を取り出す時、一緒に出てくる闇だけを抑えようと思っていたが、全てを封じる事になった。人間業で片方だけを取り出す事は不可能だとのメッセージだった故。

流石に今日は生徒全員疲れたようだ。一緒にその場に立ち会うだけでも疲れるから。そして三人行なったと言う事は、私自身がそばについて誘導の指導をしているのだから三回セッションを行ったと同じ事で、帰ったらそのまま居間で居眠りしてしまった。やはり二回が限度と言う事を思い知った。(ーー;)しかし無料体験者と言えども、お二人の封印を解く事が出来て、喜びも大きい。ありがとうございました。m(__)m


3月18日(金)
今日からヒプノ養成クラスの卒業前実践練習が始まった。授業の度に生徒同士で実践練習を重ねていたのだけど、今日からはクライアントさんに実際着ていただいて、生徒がセッションをする。今日のクライアントさんは、大阪から通っているNさんの友人達がワザワザ彼女の為に被験者として着て頂いた。大変な交通費と時間をかけて着て頂いて、本当にありがとうございました。m(__)mワザワザNさんの友情として着て頂いたのだけど、Nさんからはいつでも受けられるので、別の生徒の被験者となって頂いた。
今回始めて分かったのだけど、クライアントさんを前にすると、皆に見られている事で緊張するらしい。クライアントさんに対してというより、生徒に見られていることに緊張するとか。いつも生徒同士で掛け合っている時も見られているのに・・ね。(・・?

緊張のあまりいつもできてる事が出来ないなどで、横から助ける場面もあったけど、順調な出来。徐々に慣れていくだろう。

自分とご縁のある方がクライアントとして来られると言う私の持論どおり、偶然組み合わせになったクライアントさんと生徒の間には(他の生徒とは何も繋がりが見られないのに)、過去世からの繋がりが見られたりして面白かった。(^○^)



3月17日Vol.2
4時半過ぎの電車に乗ったので、6時半開始のライブに少しだけ余裕を持って参加出来そうなんだけど、夫と武道館そばで待ち合わせ何か食べる事に。武道館への道端には焼きそばとか色々と出ていたので、私はお好み焼きを頼んだ。客が山ほど居るからだろうけど、強気の露店のおじさんは客達に投げるように商品を渡し(実際投げてたけど)自分で包ませていた。お金を払った後なので仕方なく自分で包んだ。不味い!500円もしたのにね・・って、こんな所で美味しいのを望むのがおかしいのかもね。でもお堀がいい感じ。桜が咲いた頃また着たいなぁ。ライブ見られるのでご機嫌。(^○^)

席は中々良い席でスタンド席の前から二列目。それもステージに近い。始まったら、ミラーボールが周る。一瞬美しい海の中と言う感じでよかったのだけど、高い席から見てるからなのか、酔いそう。(・・;)15周年と言うのでBIGINも力入れてるのだろう。でもこの演出は嫌だ。(ーー;)直ぐに終わってよかった。(^○^)

ゆったりとしたリズムと好みの声にウットリ。でもいつの間にか寝てる・・・(・・;)話は楽しいし唄もリズムも大好きなんだけど、何故だかゆっくりな曲は寝る。癒し系だから?そして激しい曲になると俄然目が開く。BIGINは沖縄の踊りを一緒に踊る曲を必ず演奏するのだけど、その時は会場全員が踊るが楽しい。ヾ(@⌒ー⌒@)ノそして自分で言うのもなんだけど上手いと思ってる(^^)v

それにしても年を重ねる毎に早い曲が好きになる。浜省の曲も昔はバラードしか聴かなかったのに、最近は早い曲の方が血が騒いでくる。どう言う事なんだろうか?(・・;)


3月17日(木)
今日は夕方からBIGINのライブに行く為にお休みにしていたが、午後からマンションの高圧洗浄があると言うので、その為にセッションルームで留守番をする事になった。その時間を利用して、クライアントさんが遊びにきて下さった。
私が今秋マウントシャスタへ行くつもりだと知って、去年行かれた経験を資料持参でワザワザきて下さった。出かけなくてはいけない時間ギリギリの4時頃まで色々な話を聞かせて頂き、飛行機やドライブの行程なども聞き、実現へ一歩近づいた気持ちになった。
レイのチャネリングでは、私が持っているドラゴンエネルギーの活性化の為に、マウントシャスタへは行かなくてはいけない場所らしい。色々と行くべき場所はあるが、去年この方から話を聞いて以来、行きたいと思っていたので、直ぐに行く事を決めたのだけど、今日の話でまた一歩実現に近づいた気がした。
マウイのメンバーのイチタカさんがその頃に行きたいと思ってた事も知り、一緒に行く事も決まり心強い。(^^)v
3月15日(火)
やっと分類が終わったのが、朝。いつもの様に朝6時から食事作りを始め、洗濯もせず、ソフトに書き込む。経費を毎日打ち込む箇所があり、全部終われば計算も終わって書類も作れると言う事らしい。ネットで買ったソフトと、ヨドバシで買った確定申告ソフトがあるが、何故か後者に書き込みが出来ない。夫がこのような事は得意だけど、生憎出社したばかり。仕方なく書き込みできる方に打ち込み始める。経費その他を打ち込みながら保存をしているが、これで良いのかが分からない。しかし説明書を読み直す時間も勿体無いので続ける。と、フリーズが。(・・;)仕方なくリセットした。保存してるから大丈夫だろうと思っていたが、少し不安感も・・。予感どおり、再起動して開いたら、消えていた。( ̄∇ ̄*)ゞ
結局分類したものを全部持って、税務署が用意している場所に出向いた。最終日なので大勢の人達で凄い事になっていた。順番を待って書類作成の場所へ。認められる経費と駄目な経費を訊き、それを書き込み計算する。そして提出。終わった!何だかあっ気ない。(;;^◇^;;)
納税が、今日が締め切りだと言うので郵便局へ出向く。納税の人達と他のお客さんで一杯の郵便局の窓口では、ノンビリと保険の勧誘をしている。三箇所ある窓口の残り二つは何やらトラぶってるらしく、同じ人が窓口で何やらやっている。動いている窓口はゼロ。待ってるおばさん達がとうとう騒ぎ始めた。私も同じく文句はあるのだけど、徹夜の疲れと同じ姿勢を続けたせいで腰に痛みがあり、身体に力が入らない。こんな調子なのでおばさん達と一緒に文句を言うパワーが残っていない。(ーー;)やっとおばさん達の言い分が通って窓口が動き出した。どうにか5時までに納税完了。

トボトボ帰り、夫にメールして、今夜はお風呂に入ったら直ぐに寝る事を伝える。そのまま帰宅、お風呂に入り、7時就寝。今夜は「さんま御殿」があると言うのに・・観る元気が残ってない。こんな事、年に一度も無いだろうね。
^_^;
3月14日(月)
明日は泣いても騒いでも確定申告の締切日。なので、今日は真面目に領収書の分類を始める。思いのほか多く、分類も時間がかかる。こんななら毎日ちゃんとやってれば・・と後悔しながら続ける。でもこんな事になるのは分かっていたから、本当の所後悔してないのかも。(^^ゞ
宅急便とか回覧板とかセールスの電話とか、時間が取られる事ばかり。その上滅多に電話してこない人から電話があったりしてかなり時間が取られたりして、集中して出来ない。洗濯物を取り入れ夕食を作り・・とやっていたら、本当に徹夜を覚悟し始めた。と言う事で、徹夜決定。(ーー;)
3月13日(日)
本当はヒプノの授業の日だったのだけど、一緒に沖縄に同行した生徒のYさんが疲れて無理だと言うのでお休みにした。なので、15日締め切りの確定申告の書類作りの日にしようと思っていたのだけど、荷物が届いたので整理したり洗濯したりして、気がついたら夜だった。^_^;多分明日の夜は泣きながら徹夜してるようなイヤ〜な予感がしないでも無いけど・・。(;;^◇^;;)
3月10日〜12日は体験記に掲載予定。
3月7日〜8日は体験記に連載中。
3月5日(土)
今日は生徒が二人だったので、本格的に石を選びグリッドを作り、それを基本に身体の上にも沢山の石達を選び乗せた。グリッドを見るとその石を選んだ人の状態が分かった。
以前も一度この様な事が出来た事があったが、ある事でそれは消えた。
今またハートが感じ易くなってきていて、グリッドをハートで感じられるようになった。これは中々便利でよい。この石がどう言う意味か?等と考えながら分析してるのでは、その時のタイムリーな状態の判断が鈍る。このままハートの解放が進めばよいなぁ。
3月3日(木)
今日のクライアントは高所恐怖症だったので、私の18階のセッションルームは大変だったらしい。エレベーターから出て部屋へ向かう通路は片側が外になっている作りで、高所恐怖症には辛い場所ではある。今まで不思議な事にクライアントには居なかったので、それ程その点を感じてなかった。
セッションを終えてクライアントが玄関を開けると、外がバーっと目に入ってきて、「ワァ〜っ綺麗!」と大体の方が反応するが、高いところが怖い方には恐怖以外の何者でもない。処がセッションを終えて玄関を開けた彼女は、いつもの方々と同じく、眼下に広がる風景に見とれていた。「確か・・さんは高所恐怖症でしたよね?」と訊いても、反応は落ち着いてる。シッカリ恐怖感が克服できたようだ。凄い威力だねぇ、ヒプノって。
3月2日(水)
久し振りに美容院へ行った。休みが取れなくて予約できたのが今日。お陰で前髪が伸びすぎて気持ち悪かった私は、途中短気を起こして切ってしまった。(^^ゞ
美容院に入ると直ぐにシャンプー、カットと続く。その後アシスタントの女の子達にカーラーで巻くのを指示し、担当者が移動した。その後何故だかハートが詰まる。ギュット詰まって固まってるみたい。嫌だな、誰かのハートが反応してるらしい。誰?ク・ル・シ・イ・・、後ろに居る娘?うん?そうらしい。う〜ん、苦しいなぁ。(ーー;)担当者が戻ってきた。私がチョッと変わった仕事をしてる事を知ってるから言ってみよう。
「最近ハートがね、反応するようになったんだよね。」
「心臓ですか?」
「違うよ、ハート。感情的な事に反応するんだよね」
「そうなんですか、何か感じます?」
「うん、さっきからハートがクルシインダヨネ。ギュット凝り固まってるよ」
「誰ですかね?」
「多分後ろのこの娘だと思うのだけど・・」「何かハートが固まる様な事があったのかしらね?」
「あっ!ごめんね、言い過ぎたね」「怖いなぁ」「今朝良くなって欲しくて言ったんだけどね」「今度から言わない事にするよ」
「駄目だよ、言いたい事は言った方が良いよ」「でも相手にも言わせて上げないとね。言われっぱなしだと、固まるから」
と、この様な出来事があった。ハートが敏感に反応するのはセッションルームでの事が殆どだったのだけど、最近は仕事以外でも反応し始めたようだ。これは良いようで疲れることかも。使い分けを出来るようにしないと大変かもね。
Mr.スコット 2005年3月