出来てしまった蓋(クリティカルファクター)を超えて、
潜在意識にたどり着くには、起きている時は殆ど出来ません。

そこで催眠をかけて顕在意識を脇へどけ、蓋をずらすのです。

そして潜在意識にたどり着き、インプットされた情報を
書き換えるのです。

高所から落ちた記憶を、落ちたけど大した事が無かった、
もしくは何も無かったと、思いこませるのです。

そして親からすり込まれた「出来ない子」を
「なんでも自分で出来る子」と書き換えるのです。

強いショックの場合は、一度では書き換え
出来ないかもしれませんが、恐怖感を薄める事が
段々と出来ていきます。

繰り返しのマイナスな言葉のインプットも、
暗示テープを繰り返し聞く事により、変わって行きます。

華永が実践しています効果的な方法は、
そのトラウマが出来た最初の場面を体験させる事で、
そのトラウマを消すと言う事を行っております。

現在起こってる事は、植物に例えると雑草ですね。

植物には芽があり、その元には根っこがあるのですが、
現在の問題は、その芽は子供時代に出ていると
考えております。

それなので子供の頃の芽を摘む事で、
現在の姿は出てこないのですが、しかし、
根っこが残っていてはいつか又出てきます。

それなので、根っこの過去世へ戻して体験を致します。

その事で、その意味を知り、理解し学ぶ事で、
その根は消滅するのです。もはや、その現象が
起こる必要が無くなったからです。

トラウマも悩みもカルマも全て、本人の魂の学びの為に
起こってる事ですから。


もう一つの方法はタッピングセッションです。
感情開放のポイントを叩きながら、心の中に溜め込んでいる
トラウマをたたき出す方法です。

これは多くの方々にセッションを行ってきましたが、
80%以上の確立でトラウマを解消しております。